店内へのこだわり

店内デザインへの想い
来るたびに「新しい発見を…」


木でも、樹種によりその肌や木目、固さなど千差万別。仕上げ方ひとつ取っても様々で、いろいろな表情が見て取れます。
店名でもあります、「日に日に新」に同じく、お客様には日々新しい発見をしてもらえる様な、そんなお店になれるように素材選びをこだわりました。来るたびに違うカウンター越しに見るキッチンは、きっと毎回新しい見え方をするでしょう。また、石、木、紙、本物の素材を使用する事により、ただ古くなっていくだけではなく、使えば使うほど、味わいが深くなり、愛着が湧きます。
ずっと、地域の皆様に愛されて育てて頂くような、そんなお店になる事を願っています。

カウンターテーブル

素材選びにこだわり、様々な樹種の木を寄せて組んだカウンターテーブル


木工作家 富田文隆氏の作品。
素材選びをこだわり、様々な樹種の木を寄せて組み、木目や肌、色の違いを楽しむ事が出来るデザイン。来るたびに違うカウンター越しに見るキッチンは、きっと毎回新しい見え方をするでしょう。

カウンターテーブル

カウンターテーブル

カウンターテーブル

個室

ケヤキの長テーブル、木のパッチワーク、和紙の襖、温かみのある空間をお楽しみください。


木工作家富田氏の作品。
8名テーブルはケヤキ、6名テーブルはニレで作りました。
壁パネルにはケヤキ、タモ、トチ、サクラ、ナラ、シオジ、オバンコール、キハダ、などをパッチワークにしたものを使用しました。
8名席と6名席を区切る襖には、千石にある和紙の老舗紙舗直(しほなお)の和紙を使用。
赤い色は柿渋で染めているので、時間が経てばタンニンが紫外線と反応し、どんどん色が濃くなってきます。
自然の変化をお楽しみいただけることでしょう。個室は6名~14名までご対応可能です。

個室

個室

個室

ラウンジスペース

お酒やシガーも楽しめる、イギリスアンティークな大人のスペース。


テーブルと椅子は、いずれもイギリスアンティークの家具で揃えました。
壁面に設置したグルーチングには、イギリスで使用されていた古いアンティークのグレーチングを使っています。

ラウンジ

ラウンジ

ラウンジ

ソファ席

日当たりの良いソファ席でもこだわりのテーブルをお楽しみください


木工作家 富田文隆氏の作品。
カウンターテーブルと同様、素材選びにこだわった様々な樹種の寄木で組んだテーブルです。
オープンキッチンの正面にあるソファ席は日当たりが良く、ゆったりとおくつろぎ頂けるお席となっております。

ソファ

ソファ

ソファ

店内マップ


新-arata-店内マップ

新-arata-プロジェクトチーム

プロデュース
宮下大輔

株式会社 可不可


1961年生まれ 山梨県出身

「春秋」「暗闇坂宮下」「可不可kafuka tokyo」など様々な飲食店を創業。その知見を活かしレストランプロデュース、コンサルティングなど多岐にわたる事業に携わる。

東京スカイツリー「れすとらん634」、銀座東急プラザ「下鴨茶寮 東のはなれ/日本酒バルのまえ」などの商業施設へのレストラン出店も数多く手がける。今回浦和の地に「新arata」を開業するに当たり全面的にプロデュースをする。

浦和の地にない新しいコンセプトの和空間を創りだし店名にあるよう日々常に新しい取り組みをしながらこの場所に長く愛される『場』を出現させることを目指す。

インテリアデザイン
戸井田晃英

有限会社 ATTA


1968年生まれ 神奈川県出身

戸井田晃英

スーパーポテト、グローバルダイニングを経て独立。「合った」デザインを創り出す。デザインの名門、スーパーポテトで大規模商業施設を、グローバルダイニングで店舗経営を学んだ、戸井田氏。

「時代に合った、地域に合った、業態に合った、人に合った」デザインを目指すという意味を込め、有限会社アッタを設立。

HUGE「DAZZLE」、「RIGOLETTO」、ADエモーション「黒ぶたや」など多様なデザインを発信。海外でのデザインワークも増えている。

グラフィックデザイン
天野譲滋

George Creative Company


1965年生まれ 京都府出身

天野譲滋

話題性と売れる物販や飲食のショッププロデュース、メーカーとデザイナーとのコラボをディレクションした商品開発、リアルな企画戦略プロモーションを数多く手がける。

デザインをビジネスとして成立させるプロフェッショナル。多数の若手デザイナーとプロジェクトを行い、信頼と親密なネットワークを持つ。

インテリアショップ「CIBONE」国立新美術館のスーベニアフロムトーキョー、ライフスタイルショップ「GEORGE`s」などを創業。今回はグラフィックデザイン、ブランディングに携わる。

Artist 木工作家
富田文隆



1953年生まれ 群馬県出身

富田文隆

1974年に東京のデザイン専門学校を卒業、1982年に現在の工房TOMITA STUDIOを群馬県前橋市粕川町に設立。数多くの個展を開くなど、積極的に活動を続けている木工家。

日本の精神文化、自然との調和、日本の素材に加えて独自の技法を用いて愛情を感性を作品に吹き込んでいく。

top